ケーキ屋開業資金を前職の社長に無利子で貸してもらう

ケーキ屋開業資金を前職の社長に無利子で貸してもらう

僕がはじめてお金を人から借りたのは、自分の夢であったケーキ屋の開業のためでした。

僕は18歳の時から菓子職人の道に入り、30歳になり色々と仕事もできるようになり自分にも自信が持てるようになったので独立開業をする事を決めました。その時に、お世話になったのが前職のお菓子工場の社長です。

少しでも私の負担を減らそうとして無利子で1000万円貸してくれました。

僕は少し迷ったのですが、社長の御好意に甘える事にしました。僕は自分で貯めていたお金と社長から借りたお金でなんとか銀行などからはお金を借りずに店を開店する事ができました。

しかし、大変だったのは開店してからでした。

最初はなかなか固定客がつかず、安定した利益を出す事ができませんでした。僕は何度か安い材料に変えて、商品の値段を下げようかとも考えましたが、お客様に自分がおいしいと思う商品を売りたいという思いの方が強く、自分の信念を貫く事にしました。

これで売れなければ自分でも納得できると思ったからでした。安定した利益が出るまでには半年かかりましたが、今では固定客もつき毎日楽しく働いています。

社長への借金も毎月10万円返済できるようになりました。これからも自分がいろいろな人に支えられているという事を忘れず仕事に励みたいと思っています。

お金貸して個人間記事一覧

気軽な気持ちで女友達からお金を貸してもらいましたが・・・
バイトを無断欠勤してクビになったとは親には言えず...。当時、飲み仲間の一人だった女友達に、なんとなく話したら、なんと!気前よく2万も貸してくれたんです!
ケーキ屋開業資金を前職の社長に無利子で貸してもらう
ケーキ屋の開業のため前職のお菓子工場の社長が無利子で1000万円貸してくれました。今では固定客もつき毎日楽しく働いています。
連帯保証人になり夜逃げした友人の借金返済のため
収入を増やす為、本業以外に新聞配達のアルバイトもはじめ、毎日夜中2時に起きて新聞配達のアルバイト。最終手段として兄弟へ借金の申し込みをしました。